1人当たりのGDP「台湾に抜かれる日本、8年後には韓国も逆転か」−韓国

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

  国際通貨基金(IMF)は、今年末に日本の1人当たりの国内総生産(GDP、購買力平価換算)は3万3478ドル、韓国は2万9351ドルとなる見通しを明らかにした。台湾の1人当たりのGDPは、3万3800ドルとなり、史上初めて日本を上回ると見られている。購買力平価は、各国の物価の違いを修正するため、自国通貨と外国通貨の購買力の比率を換算し、より実質的に評価・比較するための為替レート。

  韓国のメディアは、アジア各国の1人当たりのGDPが、これまでアジアの最大経済国だった日本を追撃していると報じている。

  今年の日本の1人当たりのGDPは、10年前の約1.3倍の水準だが、アジアの新興国は、これよりも速い速度で成長を見せている。韓国は10年間で1人当たりのGDPが1.8倍となり、日本の水準を脅かしている状態。今の傾向が続けば、2018年には日本を上回るとの見方を示している。

  また、中国の購買力平価換算GDPは、今年現在7240ドルで世界96位、名目基準1人当たりGDPは3999ドルで97位となっている。 中国は国全体のGDPは、本年中にも日本を抜き、世界2位に浮上すると予想されるが、国民一人一人で見た場合には、先進国の水準に大きく及ばないという事実が、この指標で浮き彫りとなったと伝えている。

  また韓国メディアは、国際競争力の比較でもアジア主要国が日本をリードしているとし、国際経営開発研究所(IMD)が5月に発表した「2010年 世界競争力年鑑」でも、シンガポールが1位、香港2位、台湾8位などアジア各国が上位に名を連ねた。韓国も23位となり、27位の日本を追い越したと報じている。(編集担当:李信恵・山口幸治)

【関連記事・情報】
日中ハイレベル経済対話、「日本の熱烈なラブコールも平行線のまま」−韓国(2010/08/30)
日本に集まる中国人観光客と中国資本、一方で日本企業は海外へ−韓国(2010/08/23)
韓国の住宅市場が縮小傾向へ、「過去の日本に学べ!」−韓国メディア(2010/08/20)
日本のGDPを抜いた中国「しかし1人当たりで我々に追いつくのは困難」−韓国(2010/08/19)
韓国がボリビアとリチウム開発合意「リチウム電池でも日本を抜き去るか」(2010/08/17)

各国ブログから見る日本、世界では日本をこう見る - サーチナ・各国ブログ


注目の企画