【中国のブログ】中国人から見た日本人の「食習慣」

Y!コラム2009/03/16(月) 10:01 
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
拡大写真

  日本人と中国人、外見的には非常に似ているが、文化や習慣においては様々な相違が存在する。このブログは中国人から見た日本人の習慣において、中国との相違を考察するものである。以下はそのブログより。
---------------------------------------------------------
  日本人との接触するようになってからある程度の時間が経過し、日本人の考え方や生活習慣について一定の認識を得ることが出来た。ここでは私の個人的感想を綴ってみたいと思う。

関連写真:そのほかの中国人に映る日本に関する写真

  多くの中国人は食後にスープや湯を飲む習慣があるが、日本人は食べながら飲む習慣である。中華料理や洋食、和食などの料理にかかわらず、日本人はご飯を食べ終わるのと同時にスープも飲み終えるのである。互いの習慣の違いを発見するたびに、その習慣の違いについての談義に花を咲かせるのだった。

  中国人は大勢で食卓を囲む際、炒め物やしゃぶしゃぶなどを注文し、皆でつつきあうことを好むのは、皆が打ち解けあうことが出来るうえにケチっぽくないからである。しかし、日本人は大勢で食事をする際でも各々が各々の食事だけを食べるのであるが、これは中国人の目からすると非常にケチ臭く映る。

  中国人の習慣に照らし合わせた場合にさらに理解に苦しむのは「割り勘」だ。中国人からすれば、割り勘はメンツの立たない行為であるが、日本人と一緒に食事をする場合はもはや常識である。

  よほど親密な相手でない限りは相手が支払ってくれることを期待するべきではないし、自分も無理やり相手の分まで支払う必要もない。中国式の会計方法を持ち込めば、日本では失礼な行為とされる場合もあるため、自分の分だけを支払えばそれでいいのである。

  現代の日本人の全てがそうだという訳ではないが、食事中はあまり喋らないという習慣もある。この習慣は年配の日本人や教養のある家庭において多く見られるようだ。また、「いただきます」「ごちそうさま」など、日本人は様々な規則に基づいて食事をする。日本人の食事中の習慣は、食事中に心おきなく話をしたがる中国人と比べると、その違いは一目瞭然である。
--------------------------------------------------------------
(出典:yousinkan的BLOG意訳編集)

  写真はイメージ。中国人は皆で食卓を囲む際、多くの料理を注文し、皆でつつきあうことを好む。(編集担当:畠山栄)

【関連記事・情報】
【中国のブログ】理解できない!「日本の変態文化」(2009/03/12)
【米国ブログ】日本人の健康の秘訣「伝統的な食習慣と、感謝の精神」(2010/08/25)
【米国ブログ】米国人が語る日本の食が素晴らしい理由(2009/07/25)
【中国のブログ】「日本人女性は美しく優しい」中国人の意見(2009/03/11)
【今日のブログ】日本に対する矛盾した気持ち(2008/12/16)

各国ブログから見る日本、世界では日本をこう見る - サーチナ・各国ブログ


注目の企画