【中国ブログ】差別だ!中国で売られる日本車は低品質!

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

  日本車には環境に優しく、高品質というイメージがある。しかし、中国人から日本車を見ると、そのイメージは多少異なるようである。このブログは中国国内で販売されている日本車は、日本国内や欧米諸国で販売されている日本車とは質が異なると指摘するものである。以下はそのブログより。
---------------------------------------------------------
  何気なくBBSを見ていると、日本車と民族感情を結びつけたコメントが多く掲載されていた。BBSを見て思った私なりの考えと感想を綴ってみようと思う。

  まずは民族感情を抜きにして客観的に日本車を分析したい。多くの中国人が欧州メーカーと日本メーカーの車を比較したがるが、地理的要因による文化の違いや車両そのものの設計方針の違いがあるため、一概に優劣をつけることは難しい。

  例えば、日本車には「堅固なイメージ」はないものの、板金の結合部分は堅固であれば良いという訳ではない。最適なのは衝突後のエネルギーを吸収できるよう変形することが望ましいのである。私が知る限り、日本メーカーは燃料電池やハイブリッドなどの分野において比類の無いほど高い技術を有している。

  また、日本メーカーのアフターサービスはかなり充実しているほか、欧米諸国においても日本車のリコール率や顧客満足度は欧州メーカーのそれよりもはるかに良いのである。これらは中国の自動車メーカーにとって確実に学ぶべき点であろう。

  私が一人の中国人として言いたいのは、日本人の中国市場に対する態度と中国産の日本車について、である。日本車は確かに良い車である。しかし、それはあくまでも日本国内と欧州諸国で売られている車に限ってのことだ。私が研修で日本を訪れた際、日本の街中にはトヨタの車がたくさん走っていて、それらの品質は確かに高いものであったが、同じトヨタであっても中国国内で生産されている車両とは異なるのである。

  例えば、中国国外から輸入したプラドやカムリにはビークル・スタビリティ・コントロール(VSC:走行安定性を維持するための装置)やトラクションコントロール(TRC:駆動力を制御する機能)などのシステムが搭載されているが、中国国内で生産されているトヨタには一車種として搭載されていないのである。どのような車に乗ろうがそれは個人の自由であり、私は誰かが日本車に乗ろうと反対はしない。
--------------------------------------------------------------
(出典:養花人五提一 意訳編集担当:畠山栄)

【関連記事・情報】
ヒュンダイが米でリコール、「米のヒュンダイたたきが本格化」=韓国(2010/09/28)
現代・起亜自動車、米での評判が上昇「トヨタよりいい」−韓国メディア(2010/05/07)
現代自が燃費水増しを謝罪 素早い対応「トヨタとは違う」=韓国(2012/11/06)
【米国ブログ】韓国車に圧倒される日本車「ゼロ関税でさらに日本車が苦境に」(2010/12/01)
【中国ブログ】失墜する日本車の信頼、でもなぜ売れる?(2009/08/25)


注目の企画