【中国ブログ】ごみ山積みのベランダ、裸で遊ぶ女の子

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
拡大写真

  中国新聞社が運営する投稿ページ「中国社区」は、ごみが山積みになるアパート8階のベランダで7月30日、10歳前後の女の子が裸になって遊んでいたとする写真と文章を掲載した。投稿者は「小主子(ハンドルネーム)」さん。極めて危険な状況だが、背景には「貧困」という問題があったという。ユーザーからは主に、女の子に対する同情と、格差が拡大する社会と政府の無策に対する批判の声が寄せられた。

  撮影場所は湖北省襄樊市内。問題の1室のベランダには、ごみが欄干の高さ以上に高く積まれていた。女の子2人は、ごみの山の上や欄干の上に乗って遊んでいた。周囲の人も気にしない様子だったという。「小主子」さんが調べたところ、アパートは現地政府が手配して、低所得者に安い家賃で貸している部屋だった。父親は足に障害があり、昼間は仕事に出ている。母親は病気がちだが、近所の人によると、これまでに深夜にごみ拾いを行っている姿が見かけられたという。

  「小主子」さんは後日、改めて一家が住んでいる部屋を訪れた。家族は政府の民政部門から1カ月に約300元(約4160円)の生活補助を受け取っているが、生活は極めて苦しい。賞味期限切れの食品などを拾ってきて食べている。「小主子」さんは、「食用」として拾ってきた野菜も撮影。「ほとんど腐っていた」という。家の中は、拾ってきたごみで埋め尽くされている。

  母親は寝込んでいる。子供は11歳の姉と9歳の妹。夏休みの宿題帳を見せてもらったところ、几帳面な字が書き込まれており、勉強はしっかりとしているようだが、妹は全身に皮膚病があることが分かった。

  同掲載を転載した鳳凰網には、多くの声が寄せられた。「貧困な人のことを,もっと考えねば」、「国家の指導者は、こういう状況を見てどう思うのか」、「不思議なことではない。金は利益を上げるグループが独占しているからだ」、「富む者はますます富み、貧乏人はますます貧乏になる」、「農村ではもっとひどい」など、貧困問題や貧富の格差を指摘・批判する意見が多い。

  「朱門酒肉臭、路有凍死骨(金持ちの家には酒や肉が腐るほどあり、道端には凍死した人が打ち捨てられている)」との杜甫の詩を用いた批判や、「共産党がわれわれに贈ってくれた幸福な生活に感謝しよう」との皮肉もある。

  中新社区に寄せられた意見は少ないが「この件に対して私は重要な指示を行った。該当地区政府の関連部門に、重視するよう求めた」との書き込みがある。社会問題が発生した際の共産党地方幹部などの「紋切り型」の発表のパロディーで、格差問題を拡大させてしまった党・政府への風刺とみることができる。

**********

◆解説◆
  中国の家庭では夏の暑い時期、小学生低学年程度の男の子なら、素裸にして遊ばせる場合もあるという。しかし女の子の場合、少なくとも都市部では、幼児以上になってから、裸を外部の目にさらすことは避ける。上記投稿で取り上げた記事の家庭は、子供の保護も満足にできる状態ではないことがうかがわれる。

  なお、原文はゴミの山や欄干から身を乗り出すなど、少女らがいかに危険な状態で遊んでいたかを伝える写真を複数枚掲載した。ただし、かなりアップで撮影しているため問題があると考え、本記事では採用しなかった。(編集担当:如月隼人)

【関連記事・情報】
【中国ブログ】包容力ないわが国には“友達”いない(1)(2009/08/03)
【中国ブログ】路上で銃剣を販売、警察と少数民族に非難(2009/07/31)
【中国ブログ】地下鉄で落ちた! 傍若無人の女の子(2009/07/30)
【中国ブログ】見る人ショック! ちり紙「トンデモ」製造工程(2009/07/30)
ベランダで裸で遊ぶ女の子にだれも関心を持たないのか - 中新社区

各国ブログから見る日本、世界では日本をこう見る - サーチナ・各国ブログ


注目の企画