韓国「ナロ号の打ち上げに協力しないならロシアに金払わない」

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

  韓国の中央日報によると、韓国教育科学技術部はこのほど、ロシアが「羅老(ナロ)号(KSLV―1)」の3回目打ち上げに対する協力を拒否した場合、韓国はロシアへの契約金の5%に当たる1050万ドルは支払わないと発表した。中国新聞網が伝えた。

■「KSLV」に関する写真(61件)

  教育科学技術部によれば、ナロ号打ち上げに関する韓国とロシアの契約金は約2億1000万ドルに達するが、「ナロ号の3回目の打ち上げが計画通りに行われないのであれば、韓国はロシアに契約金の5%を支払わない。かりに3回目の打ち上げが行われるとしても、すでに2回も失敗しているため、契約金の2%は支払わない」と述べた。韓国メディアによれば、韓国とロシアの契約条項の中に、上述の条件が記載されているという。

  続けて、教育科学技術部は、「また、3回目の打ち上げが行われる場合、関連費用のすべてをロシアが負担する」とし、現時点では契約金の約10%が未払いとなっていることを明かした。

  教育科学技術部はナロ号の3回目の打ち上げの有無について明確な立場を示さなかったが、アナリストからは「ロシアは打ち上げ実験を行いたいとの意図がある一方で、韓国は国民感情を考慮したい意図があり、韓国が3回目のナロ号打ち上げを放棄(ほうき)するとは考えにくい」との声が上がっている。

  また、打ち上げに失敗したナロ号の機体残骸(ざんがい)の引き上げについても、今後の対応は未定であり、ロシア側は機体引き上げの前に、打ち上げデータの分析を行うべきと主張している。(編集担当:畠山栄)

【関連記事・情報】
衛星打ち上げ失敗の責任は、韓国政府とロシアにある−韓国メディア(2010/06/11)
韓国ロケット・ナロ号、中国語では「落ちて良かった」の意味に(2012/11/20)
【中国BBS】韓国ロケット打ち上げ中止、「北朝鮮が笑ってるぞ」(2012/11/30)
羅老号の打ち上げが再延期「宇宙強国への道は険しい」=韓国(2012/11/30)
韓国専門家、中国の宇宙開発に「成功事例だけでは判断できない」=中国(2011/11/03)


注目の企画