中国の山西省が「世界でもっとも汚染された地域」−米メディア

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

  米ハフィントンポストはこのほど、世界で汚染が進んだ9つの地域を発表し、米ロサンゼルス市やロンドンがランクインしたほか、中国の山西省が「世界でもっとも汚染が進んだ地域」となった。中国国際放送局が報じた。

  ハフィントンポストによれば、山西省の臨汾市は中国でもっとも汚染がひどい都市であり、大気汚染が極度に進んでいるという。記事では、「臨汾市では、洗濯したばかりの白い衣服を室外に干すと、乾くころには真っ黒になっている」と報じた。

  また記事では、大気が汚染された臨汾市では、人びとは1日の生活でタバコ3箱分の有害物質を摂取しているとし、その原因は石炭の採掘、自動車の排気ガス、工場からの排気ガスだと主張した。

  一方、山西省環境保護庁の報道官は3日、「ハフィントンポストの報道は事実と大きく異なる」と反論した。報道官は、臨汾市の環境は近年、天地をひっくり返すほどの変化を遂げたと述べ、「2009年、臨汾市の空気質量(大気汚染指数)が2級(良)に達した日数は334日にのぼった」と胸を張った。(編集担当:畠山栄)

【関連記事・情報】
広州で09年最悪の大気汚染…「人類の住む場所ではない」(2009/11/27)
大気汚染ワースト10都市に山西省臨汾、重慶など(2005/06/05)
中国:大気汚染が深刻な3都市は山西省が独占(2004/07/15)
香港環境局、大気汚染の改善策19項目を検討=香港ポスト(2009/09/04)
元宵節の花火、火災だけでなく深刻な大気汚染も(2009/02/12)

各国ブログから見る日本、世界では日本をこう見る - サーチナ・各国ブログ


注目の企画