中年女性にヌード撮影が人気、体型衰える前の記念、1冊2万元も−中国青島市

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

  中国山東省青島市の写真館では、ヌード撮影が人気となっており、カメラマンは国慶節の連休中、休みがないほどだった。撮影を依頼するのは多くが30歳から40歳で、体型が衰える前に記念としてヌードを撮影したいと考える女性。最も高い価格で写真集1冊撮影で2万3800元だったという。青島新聞網が伝えた。
 
  高い技術と秘密保持が求められるヌード写真は、比較的高額に設定されている。カメラマンはアシスタントなしで全ての作業を行い、照明や細心の気配りで、芸術性的な美しい写真を撮影するという。

  ある34歳の女性は、ネット上で同年代の女性が撮影したヌード写真を目にし興味持ったという。彼女は結婚もし子どももいるが、彼女の夫は「老後に車椅子に乗って二人で一緒に見よう」と冗談交じりに同意し、撮影にも立ち会ったという。

  ヌード撮影を行う上で顧客が最も重要視するのは、カメラマンの信頼性。顧客はカメラマンに素養があるかどうかを見極めて慎重に選ぶ。知人の紹介で決める場合も多い。また、撮影前に顧客とカメラマンとの間で秘密保持契約が結ばれ、写真が外部に露呈した場合の賠償金などがあらかじめ決定されるという。(編集担当:鈴木朋子)

【関連記事・情報】
「女性モデルを好きに縛って撮影させる」サービスを当局調査=南京(2010/09/28)
中国メディア、“小室哲哉の元恋人”華原朋美の転落人生を報道(2010/09/09)
「西太后のヌード像」に注目…北京で蔡亮・回顧展(2010/09/06)
ヌード絵画の「人体芸術作品展」を初めて開催…雲南・昆明(2010/07/21)
ポルノに従事する中国系が増加で物議、「日本AVのほうが好き」との声も(2010/06/07)


注目の企画