【米国ブログ】日本・中国・米国の「名刺に関するマナーの違い」

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

  日本のビジネス事情に詳しい米国のブログ「japanbusiness.small-businessmarketinginfo」では、名刺の受け渡しに関するマナーについて、米国、中国、日本を比較してつづっている。

  まず筆者は、米国では仕事で名刺を交換するとき、名刺の扱いがかなり自由だと語っている。差し出されたカードを特に見ず、ポケットや財布に滑り込ませることがよくあると述べている。

  しかし、相手により良い印象を与えたいなら、名刺入れから一枚の名刺を引き抜いて相手に差し出すことを勧めると述べ、そうすることで、相手はあなたにまじめに仕事を頼みたいと思うだろうとつづっている。

  また、誰かに紹介されるか、名刺を求められる以外は、目上の人に名刺を求めるのを差し控えた方が良いと述べ、そして名刺をもらったら、相手を尊重する意味を込めて、しばらく名刺を読んで考察しなければならないと記している。

  筆者は、中国や日本を例に挙げ、名刺に関するビジネスマナーを解説している。中国では、名刺を交換するとき、両手をいっぱいに伸ばして名刺を渡し、またそのままの姿勢で受け取らなければならない。カードはしばらくの間、手に保有するか、テーブルの上に置いて、相手と対話するのが礼儀であると述べ、すぐに名刺入れにしまうのは勧めないとつづっている。

  日本では名刺をとても大切に扱う。もしビジネスを成功させたいなら、この点で典型的な米国人の厚かましい態度を改めた方がよいと指摘している。相手に名刺を渡し、受け取る時に両手で名刺の両端を持ち、同時に軽い会釈をするのが、正しい受け取り方だと説明している。

  さらに、名刺に書かれている自分の名前が、相手にとって反転していないかどうか確認するのは重要であると述べている。受け取った名刺は名前を覚えてから、名刺入れに入れることができる。さらにより良い方法として、会議の間や商談中に誰がどの役職かを理解するために、すべてのカードをテーブルに並べておくこともあると説明している。

  これらのことが正しく行われれば、米国ではもちろんのこと、日本や中国でのビジネスを成功に導くことができるだろうと締めくくっている。(編集担当:田島波留・山口幸治)

【関連記事・情報】
【中国ブログ】「戦争に負けたのに?」日本人の米国好きに驚き(2009/11/05)
【中国BBS】東日本大震災から3カ月、復興の速さに驚き!(2011/06/20)
【米国ブログ】日本の安全性「これほど安全な国は諸外国にはない」(2011/10/12)
【中国BBS】ユーモアのある大阪人、中国人から大絶賛(2011/10/13)
【米国ブログ】東京のナイトライフ「観光の目玉、米国にない魅力」(2011/10/13)
名刺に関するエチケット、日本、中国と米国 - japanbusiness.small-businessmarketinginfo.com


注目の企画