地震義援金42億円以上も、竹島をめぐる対立で足踏み=韓国

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

  韓国の募金団体の集計によると、未曾有(みぞう)の被害をもたらした東日本大地震の被災者への義援金が4月14日までに556億ウォン(約42億3000万円)に達した。韓国の複数メディアが相次いで報じた。

  東日本大地震発生直後、韓国では大韓赤十字社をはじめ、複数の機関・団体が義援金を募った。4月14日までの約1カ月間で約556億ウォン(約42億円3000万円)の義援金が集まった。そのうち、大韓赤十字社だけで392億ウォン(約29億6000万円)に達した。大韓赤十字社は5月13日まで募金を続けるという。

  これまでに集まった義援金総額は2010年1月に発生したハイチ地震への義援金を上回っており、募金団体の関係者は「日本が韓国と近い隣の国であるため、ハイチより多くの義援金が集まったとみられる」と述べた。ただ、「募金額が大きく増えることはない」と予想、竹島問題をめぐる対立が原因であるとの見方を示した。

  東日本大地震直後から、ペ・ヨンジュンさんをはじめとする韓流スターたちの寄付が相次ぎ、韓国では支援の輪が広がっていた。しかし、3月30日に発表された中学校社会教科書検定の結果を受け、日本が竹島(韓国名:独島)の領有権主張を強化したことに反発、義援金を慰安婦支援やほかの支援に回すべきとの声も少なくない。(編集担当:金志秀)

【関連記事・情報】
「自分にできることをしたい」…韓国人留学生が被災地に残った理由(2011/03/29)
大惨事にも「泣きわめかず」…被災民とメディアの冷静沈着を称賛=韓国(2011/03/16)
米で現代自動車の売れ行き好調…「東日本大地震の影響」=韓国(2011/04/18)
細田氏の「韓国の支援の受け取りを拒否」発言に批判の声=竹島問題(2011/04/13)
ヨン様に続きリュ・シウォンさんも…「仙台でのボランティアも検討」(2011/03/15)

各国ブログから見る日本、世界では日本をこう見る - サーチナ・各国ブログ


注目の企画