【韓国BBS】韓国語の多くは、実は日本語が語源!?

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

  韓国のポータルサイト「Daum」では、筆者が韓国語だと思っていたが、実は日本語だった言葉を紹介し、感想を述べている。それに対し、さまざまな意見が寄せられた。以下、韓国語による書き込みを日本語訳した。(  )内は編集部の素朴な感想。

―――――――――――――――――――――――

●スレ主:子どもの群れ

  コンシクは紺色、ナプトックは納得、ダシは出汁、ムデポはむやみに、チョンジュは清酒からなど、これらの言葉は日帝時代を経て、日本語が韓国語になったものだそうです。メリヤス、モンペ、ウドンもそうですね。シントプリという言葉さえ、身土不二(しんどふじ)という日本語が語源とは知らなかった!生活の一部となったこれらの言葉を、もう韓国語に変える事は難しいでしょうね。

―――――――――――――――――――――――

●ナルアラブックグックソング
  いい情報ですね。ほかにもたくさんあるのかな?

●mysterious
  ウドンは使ってもいいんじゃない?
(韓国では、いなり寿司なども「イナリ」とそのまま呼ばれています)

●私の愛した
  韓国ののり巻き、キムパが日本の食べ物であることは分かったが、カルビクッパも日本の雑炊が変化した食べ物と言う話を聞いてちょっと衝撃!

●ピンクパンティー
  実際に純粋の韓国語は極めて珍しいという事実。コマッスミダ(ありがとうございます)などは純粋な韓国語だ。カムサハムニダなどは、中国から伝わった「感謝」の韓国読み、日本で使われていた熟語が韓国語になったもの、カバンは日本語そのまま。

●麦畑
  カバンもクツも日本語ですよね。日本語の辞書にも、純粋な日本語として載っています。これからカバンは、外来語としなければなりませんね。先祖が命がけで守ったハングルを、これからは私たちが守って、作って行きましょう。

●マクガイバー
  日本も漢字文化圏で、単語は中国から伝わったものが多く、発音に差があるだけ。それを日本語だと言って排斥しなければならない理由はない。

●samyasa
  専門用語もそうだけど無理やりに韓国語に変えても、理解しにくくなるだけ。漢字語なら、認めて使ったほうがましではないでしょうか?

●シュレックヒョング
  日本がなければ韓国もない。法制度、ラーメン、ソーセージ、味の素、機械、原料もすべて日本から伝わったもので、日本ではないものを捜すことが難しい。

●ピンクパンティー
  ジャージ、シボレー、テレビなど日本式の英語発音を使う韓国人も多いね。

●グレコローマン
  韓国の国語辞典に登載された単語のうち、日本語が語源となった言葉を抜いてしまえば1/3は減るだろう。哲学と言う言葉も日本語だ。

●ネイルムンチョナテピョン
  テレビやラジオの放送では、できる限り韓国語を使わざるを得ないけれどね。

●シオッ
  名前ならば、女性の「子」がつく名前は日本式。
(最近は、日本でも「子」がつく名前を付けることが少なくなりましたね)

●魚
  李明博も日本語および日本産!!!

●知遇ママ
  日本人の名前で明博は多いですよね。完全に日本の名前です。

●123456789101112
  どうせお互い漢字文化圏、単語が似ていて当然。言葉は以前、日本に支配されていたが、今はそれがアメリカの支配に変わっただけ。
(英語などの外来語がそのまま使われることが、日韓ともに多いようですね)

●無限者
  みなさんが学生時代、熱心に覚えて勉強した英語の文法用語や数学用語のほとんどが日本語です。日本の教科書や参考書をそのまま引き写したからでしょうね。そして工学系列の専門漢字語もすべて日本語。問題は、韓国の基礎科学が発展していないからだ。今も新技術と用語が日本から入って来て、そのまま使われる。もちろん技術が発展するほど、外来語がよりいっそう多くなるが。国力の基礎になる技術は、自主的に努力して開発しましょう。

●子ども無理
  自国語はほとんどないと思っても構わないのかな。大体が漢文や日本語が元になった言葉だね。むしろ北朝鮮側の方が、国語表記が上手かもしれないな。他のものはよくないけど、国語表記だけはうらやましく思うよ。

(編集担当:李信恵・山口幸治)

【関連記事・情報】
【韓国BBS】小学生女子の夢「日本は食べ物屋、韓国は芸能人」(2011/05/02)
【韓国BBS】日本がK−POPをコピーしてグローバル化を推進?(2011/04/29)
【韓国BBS】日本の友人が韓国に来るのですが、放射能は大丈夫?(2011/04/28)
【韓国BBS】各国の図書館、日韓は静かだけど欧米は騒がしい(2011/04/27)
韓国語だと思っていた日本語−Daum

各国ブログから見る日本、世界では日本をこう見る - サーチナ・各国ブログ


注目の企画