日本が中国包囲網を提案 日米露の3カ国で=ウィキリークス

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

  ウィキリークスによると、自民党政権時の日本は米国に対し、日米露の3カ国による中国包囲網で中国の台頭を抑え込もうと提案していたという。中国新聞社が報じた。

■ウィキリークス(Wikileaks) - サーチナ・トピックス

  公開された公電は駐日米大使館から米国務院にあてた2通の密電で、1通は2007年6月に当時の自民党安部晋三首相のロシア訪問に関する報告で、もう1通は麻生太郎政権当時、外務省高官と米国防省パウエル副次官補との談話内容だった。

  日本の外務省官僚は07年、米国に対し、「ロシアのアジアおよび太平洋への関心について、日本はロシアの地域統合を支援する準備がある」と述べていた。報道によれば、「アジア太平洋地区への関心とともに、ロシアの中国に対する警戒感が高まっている」と指摘し、「ロシアが地域統合に失敗すれば、ロシアと中国の戦略的パートナー関係が深まるリスクがある。日本はアメリカがこの点で力を発揮してくれると信じる」と述べたという。この発言に対し米官僚は「日本は駐露にくさびを打ちたいと考えている」と報告した。

  07年当時は米中両国が知的財産権や人民元問題で難しい関係下にあったが、記事は、「日本外務省はロシアを日米の枠組みに取り込んで、対中包囲網を形成しようと考えていた」と報じた。

  ウィキリークスが公開した公電の内容に関して、日本は「確認もコメントもしない」方針を明らかにしている。(編集担当:及川源十郎)

【関連記事・情報】
中国、垂直離着陸戦闘機を開発か、米のF−22上回る装備も(2011/05/06)
潜水艦、空母、ステルス機…米海軍がビビる中国軍の脅威(2011/01/12)
法律に従うよう要求、中国がダライ・ラマ発言を非難(2011/09/26)
日本が与那国島にF−15配備、長江デルタ襲撃可能(1)(2011/09/06)
日本が新型戦艦のミサイル防衛能力を強化=米メディア(2011/09/14)


注目の企画