日本人の7割が中国を嫌い、韓国を3番目に好き…通信社調査=韓国

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

  AP通信と米調査会社GfKが日本で行った世論調査によると、7割以上の日本人が中国について「嫌い」と答えた一方、日本人が「好き」と答えた国の中で、韓国が米国とドイツに次ぎ3位になった。韓国メディアはこの調査結果に注目し、「中国を嫌う日本人が7割以上で、中日関係が歴代最悪」「日本人が好きな国で、韓国が3位」などの見出しで関連内容を報じた。

■尖閣:中国漁船衝突事件(09月07日) - サーチナ・トピックス

  報道によれば、AP通信と調査会社GfKは7月29日から8月10日にかけて、日本で成人1000人を対象に世論調査を行った。米国やドイツ、イスラエル、中国、韓国、北朝鮮、ロシアなどの7カ国に対する日本人の見方についての調査で、「好きな国」の1位は米国(49%)で、ドイツ(48%)と韓国(31%)が後を次いだ。

  韓国メディアは、日本人が「好きな国」で韓国が3番目になったが、「韓国を嫌う」との答えも27%を占めており、「(日本人の)韓国に対する複雑な感情を表わしている」と指摘。そして「ドラマやK−POPの人気は高まっているが、国家イメージはまだ良くないようだ」というAP通信の見方も伝えた。

  調査では、北朝鮮と中国に対する日本人の「敵対感」が注目された。「嫌いな国」として、北朝鮮(94%)だとの答えがもっとも多く、その次に中国(76%)だった。さらに73%の回答者が「中国は世界平和への脅威だ」と答えたという。韓国メディアは、「日本と中国は尖閣諸島の領有権を置いて葛藤が高まっている状況で、両国の関係は2005年の調査開始以来最悪となった」と伝えた。(編集担当:永井武)

【関連記事・情報】
韓国人男性が日本の女性に人気がある理由、「男らしいから」=韓国(2011/05/27)
野田佳彦代表は「極右派」、日韓関係の悪化を懸念=韓国メディア(2011/08/29)
民間徴用者の遺骨返還問題、「日本が歴史的責任を認めない」=韓国(2011/05/04)
韓国の李大統領、「日韓関係は両国が努力すれば発展できる」(2010/08/24)
日中領土紛争で日本が白旗投降…両国関係「傷だらけ」=韓国(2010/09/25)


注目の企画