ロート、「肌研」よりオールインワンタイプの高保湿ゲルを発売

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
拡大写真

  ロート製薬 <4527> は、人気スキンケアブランド「肌研(ハダラボ)」より、新商品「極潤(ゴクジュン) パーフェクトゲル」を発売した。同商品は「化粧水」と「美容液」、「乳液」、「クリーム」、「パック」の5つの効果を一度に実感できる、うるおいのつまった高保湿ゲルとなっている。

  「肌研」は肌の研究を重ねてきた同社の研究室で、あらゆる無駄をなくし“肌に良い成分”を厳選して開発したスキンケアシリーズ。最大の売りはコストパフォーマンスの高さで、購入しやすい価格でありながら機能性の高い商品が多数リリースされており、低価格帯化粧品が市場をリードする中でも特に支持されている。ブランド認知率は約90%(n=65314、同社調べ)で、化粧水市場では販売個数ナンバーワン(インテージSRI調べ)。売上は2010年度で136億円となっており、現在は国内を代表するスキンケアブランドとして高い評価を得ている。2008年10月からは中国での販売も開始し、現在は香港、台湾、ベトナム、マレーシア、韓国、シンガポール、タイなどでも販売。アジア地域でも売上は好調に推移している。さらに、3月に発生した東日本大震災の影響によって、消費者がより費用対効果を重視する購買行動に変化する中でも堅調な売上を維持している。

  今回発売した「肌研 極潤 パーフェクトゲル」は、洗顔後の手入れがひとつで完了するオールインワンタイプの化粧品市場が拡大していることを受けて開発されたもので、スーパーヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドなど4つのうるおい成分を配合し、肌にやさしい処方となっている。子育て中の30代の女性や保湿力を重視する40代女性を中心とした幅広い層をターゲットに見据え、シンプルケアの利便性や多機能さ、保湿力を求める女性に訴求する。

  高い成長を続ける「肌研」は、ユーザーのニーズを的確に捉えた商品を素早く開発し、ラインナップを増やすことで幅広い目的と層に対応するブランドである。同ブランドは今後もグローバルなブランド展開を加速していく。(編集担当:宮園奈美)

【関連記事・情報】
不況に強い職業トップ10(2011/09/10)
コーセー、銀座にフェイシャルエステティックサロンをオープン(2011/09/09)
ナチュラルパワーコスメ「Dramatica」のオンラインショップがオープン(2011/09/09)
銘柄パトロール:ファーストリテ、ファナック、ナナオ、丸紅など(2011/09/09)
ドクターシーラボが新高値、12年7月期は5期連続の最高益更新(2011/09/09)


注目の企画