中国空母「遼寧」の艦載戦闘機は殲15か、破壊力は世界トップ級

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
拡大写真

  中国初の空母「遼寧艦」の訓練と試験航行の様子を写した写真がインターネット上に流れ、広く注目を集めている。最近の試験航行で、中国第1号の艦載戦闘機と目される「殲15」が同艦上で模擬着艦とタッチ・アンド・ゴーを繰り返し行っていることが写真から確認できる。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。(写真は「CNSPHOTO」提供)

■「中国 戦闘機」に関する他の記事 - サーチナ・ハイライト

  専門家によれば、殲15は第3世代または第3世代を上回る戦闘機で、作戦性能に卓越、優れた艦載機の特徴を有し、空母上での正確かつ効率的な運用が可能で、これで中国海軍の海・空一体の作戦力が形成されるという。中国軍事科学院の杜文竜研究員は、「殲15は大型艦載機で、航続距離が長く、弾薬搭載量、燃料搭載量が多い。その制御範囲と破壊能力は世界でもトップクラスに入る」と紹介した。

  また、基本設備の配備をみると、各種弾薬をそろえ、例えば空対空、空対海、電子妨害など海外の標準的な艦載機が備える機能はすべてそろえている。中国製の戦闘機が空母上で正確かつ効率的に運用されることも、中国海軍の現時点での海・空一体作戦戦力の重要なシンボルといえる。(編集担当:米原裕子)

【関連記事・情報】
中国初の空母、就役後の初出航にともない艦載戦闘機が着艦訓練(2012/10/18)
米国の衛星が中国産空母を撮影? 中国が原子力空母を建造の可能性(2012/10/17)
空母「遼寧」から見える中国の海洋強国への決心=海外メディア(2012/09/27)
中国初の空母「遼寧」は中国海軍の中心的役割を担う(2012/09/27)
中国2隻目となる空母が上海で建造中 2012年末に進水か(2012/09/27)


注目の企画