習近平総書記、共産党指導下での多党協力を強調

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
拡大写真

  中国共産党の習近平総書記はこのほど、「中国共産党が指導する多党協力と政治協商制度を断固として堅持し、民主党派が政治に参加できるよう支援すべきだ」と述べた。中国国際放送局が報じた。(写真は「CNSPHOTO」提供)

■「習近平」写真特集

  習近平総書記は24日、25日の両日、中国共産党中央政治局の兪正声常務委員とともに、中国国民党革命委員会、中国民主同盟など8つの民主党派と中華全国工商業連合会を順次訪れ、愛国統一戦線の発展や、中国共産党が指導する多党協力と政治協商制度を堅持するうえで議論した。

  習総書記は各民主党派からの意見と提案に積極的に答え、「長い間、各民主党派は中国共産党の友として、民族の独立、人民の解放および人びとの幸福のため、中国の特色ある社会主義の堅持と発展に多大な努力をしてきた」と述べた。

  習総書記はまた、「中華民族の偉大な復興を実現するためには、すべての中国人の努力と協力が必要だ。中国共産党中央は、多党協力と政治協商制度を断固として堅持し、長期共存、相互監督の方針をもって、民主党派との協力を強化していく。各民主党派は人材が豊富でそれぞれの長所がある。構成員を率いて、ゆとりのある社会の構築、社会主義現代化の実現、中華民族の復興に向けて新たな貢献をしてほしい」と述べた。(編集担当:村山健二)

【関連記事・情報】
中国人の日中関係評価「悪い」が9割切る―9月国有化以来初めて(2012/12/26)
中国で習近平絶賛の報道が続々、家族含め「好ましい人物像」強調(2012/12/25)
【中国BBS】今年の漢字、日本は「金」、中国は「微」(2012/12/23)
日本と中国が衝突に陥ることはない=米メディア(2012/12/21)
オバマ大統領と中国副首相が会談、米中関係の発展で合意(2012/12/21)


注目の企画