日本の尖閣「警告射撃」報道、中国人識者「防衛省は否定した」

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

  産経新聞は9日、尖閣諸島(中国名:釣魚島)の日本領空へ接近する中国航空機に対し、日本は「警告射撃」をする可能性があると報じた。中国網日本語版(チャイナネット)によれば、全球華語広播網の日本オブザーバーである蒋豊氏は「日本政府は中国に対する警告射撃可能性を否定した」と述べた。

**********

  蒋豊氏が9日午後、防衛省報道官に電話で取材したところ、防衛省は対策を準備していないという回答が得られたという。さらに、蒋豊氏は「その後の官房長官の記者会見でも、日本政府にこのような考えはないと発言した」と説明した。

  さらに、「産経新聞の報道が真実であったなら、最初の報道があった後、そのほかの新聞各社もこれに追随して報道していただろうが、明けた日の日本の新聞各紙に追加報道はなかった。つまり、このニュースの出所や信憑性に問題があったということだが、当然、中国としては出所に問題があるからといって警戒心を解くことはできない。安倍政権は確かに、釣魚島(尖閣諸島の中国側呼称)海域周辺の自衛隊の増強に注力し、準備を進めている。この点について軽視してはならないと思っている」と述べた。(編集担当:米原裕子)

【関連記事・情報】
【中国BBS】礼儀を重んじるわが国、なぜ安倍首相に祝電送らず?(2012/12/28)
争いあおるな! 市民が「釣魚島」食堂に反発=シンガポール(2012/12/28)
【中国BBS】尖閣問題をきっかけに「日本アニメを見るのはもうやめた」(2012/12/31)
【中国BBS】わが国も団結して釣魚島を購入せよ…中国人の声は(2012/12/31)
釣魚島問題による紛争に米国は介入しない=中国社会科学院主任(2012/12/31)


注目の企画