安倍首相は日中関係を後退させるな(1)=中国国営通信

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

  米紙ワシントン・ポストが21日付で、安倍晋三首相が尖閣諸島(中国名:釣魚島)を巡る日中の対立について、「中国の政治構造に根深い問題があると発言した」と報じたことについて、中国国営通信の新華社は「安倍首相は日中関係を後退させる言動を慎むべきだ」と論じた。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。以下は同記事より。

**********

  安倍首相の発言は自らの政治的支持を固め、中国が「他国の領土を略奪する」ことを阻止することを目的とした発言だ。安倍首相は一国の指導者でありながら、これほど公然と事実をわい曲し、隣国を攻撃し、地域・国家間の対立を扇動するとは、非常に稀なことだ。このような発言は、国際社会で支持を得られないはずだ。

  安倍首相は2013年1月、山口那津男公明党代表に中国側への親書を託し、「大局に立ち、日中の戦略的互恵関係の前向きな発展を促したい」と誓うようにして言った。

  わずか1カ月のうちに、安倍首相は矛盾する発言を繰り返している。「対話の門を閉ざさない」と言いながら、その一方では「中国海軍の軍艦が火器管制レーダーで日本の船舶を照射した」という世論戦を展開し、中国のイメージを損ねている。

  また日中関係の重要性を強調し、両国関係が「戦略的互恵関係の原点に回帰する」ことを願うと言いながら、その一方では関係改善に向けた努力に対して「バックギア」を入れ、誤った方向に「給油」を続け、両国関係を損ねている。

  これほど前後矛盾した言行不一致は、一国の指導者としてふさわしくない。日本はなぜこのようなことをするのかと、疑問を呈さざるを得ない。(つづく)(編集担当:米原裕子)

次へ>

【関連記事・情報】
安倍首相は日中関係を後退させるな(2)=中国国営通信(2013/02/23)
【中国BBS】なぜ一部の中国人は日本を好きになるのか?(2012/09/25)
台湾、尖閣国有化に反対も市民の7割「日本製品買う」=中国報道(2012/09/25)
菅官房長官、安倍首相の発言報道について「引用が正確でなかった」(2013/02/23)
中国「わが外交政策を歪曲、ただでは済まさぬ」=安倍首相に反発(2013/02/22)


注目の企画