日本のメディアが“韓国は人糞酒を飲む国”と紹介、韓国で物議

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
拡大写真

  ある日本のメディアが動画投稿サイト「YouTube」で、韓国を「人糞酒『トンスル』を飲む国」と紹介したことが、韓国国内で物議を醸している。複数の韓国メディアが報じた。

  この日本のメディアは、記者が韓国を訪れ、子どもの人糞からお酒を作る製造過程を動画で紹介。最後にはトンスルを飲んだ記者が嘔吐するシーンを公開した。このYouTubeの映像は、公開から10日ほどで再生回数が20万回を超えている。

  韓国メディアは、日本ではこれまで多くの場合、ネット右翼が韓国をおとしめるときに「トンスルを飲む、人糞を食べる国」と言ってきたと指摘。しかし、今回はメディアまでもが同様の内容を報道したとして批判した。

  また、日本のメディアがこのように報道したことで、いくつかの海外メディアが「世界の不思議を発見した」として、事実関係を全く確認せずに、そのまま報じている点も問題だと伝えた。

  韓国のネット上では、「他国にありもしない文化を紹介しながら、それを飲むとは」、「私たちの文化と尊厳を侮辱している」などと、批判の声が上がったという。(編集担当:李信恵・山口幸治/NK)(イメージ写真提供:(C)bizoon/123RF.COM)

【関連記事・情報】
給食のご飯からカタツムリ、スープにクモ・・・不衛生さに驚愕=韓国
粉ミルクにカエル、麺に金属片・・・食品への異物混入相次ぐ=韓国
ペペロデーに衝撃、「ペペロ」から生きたままの幼虫が=韓国
今度はキムチからネズミ、半年で異物混入事故307件発生
日本のメディアが韓国は人糞酒を飲む国と紹介し、物議を醸す=韓国


注目の企画